複数のブックメーカーに登録する

ダーツ

ブックメーカーでは、オッズを利用することで勝率を高くすることが可能です。
サッカーのリーグ戦において、チーム同士の戦績データを分析することで勝率を高める賭け方ができます。
あるチーム同士の過去の対戦成績でそれぞれの勝ち数の比率が1対2であるとします。すると3回に2回は後者のチームが勝つことになるので、3回で合計3ドル賭けて3ドル以上の払い戻しが得られるようなオッズに賭ければ良いことになります。
つまり1.5倍以上のオッズに賭ければ1回は負けても利益が出るというわけです。
オッズはブックメーカーによって異なるので、希望する数値以上を提示しているブックメーカーを探せば良いことになります。希望する数値がない場合は、賭ける事は中止してください。
そのためには複数のブックメーカーに登録して、各ブックメーカーの口座に入金をしておく必要があります。数多くのブックメーカー会社に登録しておけば、選択肢が増えることになるわけです。
このような戦績データを利用した賭け方で、さらにリスクヘッジをする方法もあります。片方のチームだけではなく、相手チームにも賭けて保険とする方法です。有利なオッズで賭けることができれば、両建てポジションを作ることでどちらのチームが勝っても利益を生むようにできます。
投資では多く利用される手法ですが、異なるオッズを提示する複数のブックメーカーを利用することで、損失を回避するポジションを作ることができます。
対戦データを活用することで、このように安全に資金を増やすことが可能となるわけです。